更年期障害の症状を知って早めに気付く【スピード治療が鍵】

先生

更年期特有の症状

更年期が起こる年齢

女性

更年期障害は特に女性に多く見られる症状です。更年期と呼ばれるような40代から50代にかけて発症することがほとんどです。最近では更年期ではなくても若年性更年期障害も増えていますので、20代30代でも症状が発症してしまうことがあります。自律神経失調症の一種でもありますし、精神的に不安定になることが多い障害です。主な原因は女性ホルモンの減少ですので閉経前後に現われることがほとんどですが、若年性の場合は、過度なダイエットや生活習慣の乱れによって、女性ホルモンが急激に減少してしまい引き起こしてしまうこともあります。その場合は治療によって改善しますが、不妊症など併発してしまうこともありますから早めの治療が大切です。

情緒不安定になる

更年期障害は精神面でも大きな影響をもたらします。自律神経が乱れてしまいますから、いつもと同じことをしていてもイライラしてしまったり、急に悲しくなったり、うつ状態になったりといろいろな症状を引き起こします。症状が軽いこともありますし、治療が必要なくらい悪化してしまうこともあります。我慢しないで早めに医師に診てもらうことも必要でしょう。身近に更年期障害の方がいる場合は理解してあげる心を持つことも大切です。一生続く障害ではありませんから、うまく症状と付き合っていき、場合によっては治療を行いましょう。ストレスが溜まると更年期障害の症状も悪化してしまいますから、ストレスフリーの生活を目指してみましょう。