楽器の修理ならプロに頼む【依頼がスムーズ】

最新記事一覧

インターネットで探す

女性

全国から探す

子供に習わせるために購入したピアノ、その子供も成長し独立して家を出ていくことになったので誰も使わなくなった、そういった場合ですが買取してもらうか、もし今後も使うかもしれないからそのままにしておく、どちらかになります。子供が帰ってきたときや孫が産まれた時に習わせたい、それまでに保管しておく場合でも調律が必要になります。何もしなくてもピアノは、弦が延びたり温度や湿度の変化、部屋の環境、衝撃などによって音が変化してしまうのです。そうなると、正しい音からどんどんずれていってしまうのです。何もしなくても音が変化していくわけですから、1年に1回は調律師を読んで正しい音にメンテナンスしてもらうのです。では、調律師といってもどうやって探したらいいかとなります。探す方法ですが、習っているピアノの先生、お近くの楽器店などに相談すれば紹介をしてもらうことができます。しかし、そういった知り合いもいなければ近くに楽器ん点もない場合は、インターネットで探す方法があります。インターネット上には、多数のピアノ調律師が登録してあるサイトがあり、全国から探すことができます。地域別に登録してあり、プロフィールも掲載しているのでお好きな調律師を選んで見積りを依頼します。すると返信が来ますので内容をみて依頼するかどうかを決めます。依頼することに決めたら、調律師と日程の打ち合わせをします。作業日当日調律をしてもらい料金を支払い完了です。

Copyright© 2018 楽器の修理ならプロに頼む【依頼がスムーズ】 All Rights Reserved.