更年期障害の症状を知って早めに気付く【スピード治療が鍵】

先生

閉経後の女性に多い症状

女性を悩ませる病気

医者

更年期障害は、閉経後の女性を悩ませる病気です。体のホルモンバランスが乱れ、体調を崩してしまいます。女性の平均閉経年齢は50歳といわれているので、その年齢層の方の多くが悩まされています。閉経後に起こる理由は、卵巣の働きが衰え、エストロゲンの分泌が急激に減少するからです。エストロゲンは、体の機能を調整する働きが有ります。従って、このホルモンが少なくなることで、精神的、肉体的に色々な支障をきたします。たとえば、のぼせ、発汗、手足の冷え、集中力の低下、不眠、イライラなどです。その他にも、頭痛、めまい、尿漏れ、肩こり、腰痛、関節痛などが起こります。更年期の症状は個人差が大きく、症状が大きいと日常生活の妨げになります。なので、病院で治療をすることが最優先といえます。

効果的な治療法

更年期障害に効果がある治療方法として、プラセンタ療法が注目されています。このプラセンタとは、いわば赤ちゃんと母体をつなぐ胎盤のことをいいます。この胎盤には、アミノ酸や脂質、糖質、ビタミン、ミネラル、酵素などの栄養素が含まれています。プラセンタ療法で体内に注射をすることで、卵巣の働きを促し女性ホルモンを活性化できます。それで、血行促進、造血、疲労回復などの効果を発揮して、更年期障害の症状を緩和できます。病院でのプラセンタ療法にかかる費用は、保険適用で1回あたり500円程度です。自費診療でも、1回あたり1500円とそれほど高くはないです。毎日、プラセンタを一本打つだけで効果を感じることができます。更年期障害で悩んでいる方は、気軽に相談すると良いです。