更年期障害の症状を知って早めに気付く【スピード治療が鍵】

悩み

閉経後の女性に多い症状

医者

女性の多くは、閉経後に更年期障害に悩む傾向に有ります。この更年期障害とは、女性ホルモンの分泌が少なくなることで、体の調子が乱れる病気です。昨今では、プラセンタ療法という治療が有効だと考えられています。

Read More

閉経が近づいてきたら注意

年齢を重ねた女性を悩ませる更年期障害の症状とはどのようなものなのでしょうか。こちらで詳しく紹介されていますよ。

骨肉腫の患者やその家族に最適な情報です。治療法の詳細をご紹介しているのでコチラをご覧になると良いでしょう。

30代後半から出る事も

悩み

女性なら誰でも経験する可能性があるのが更年期障害です。まだ、経験していないけれど、更年期障害について耳にした事があるという方も多いのではないでしょうか。更年期障害とは、閉経が近づいた女性の体や心に現れる様々な症状をいいます。個人差はありますが、女性が閉経する年齢はおよそ50歳といわれており、50歳を挟んだ40代後半から50歳の半ばまでの約10年間を更年期と呼んでいます。症状の重さには個人差があり、仕事や家事が出来ないほど重くなると更年期障害と診断されます。更年期障害は、卵巣から分泌される女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減少することでおこります。近年では、更年期より前の30代後半から更年期障害の症状に悩む女性が増加傾向にあります。閉経を意識する前の30代後半から自分自身の身体に現れる症状に注意が必要なのです。

人によって違う

ここからは、更年期障害の症状について挙げていきます。まず、のぼせやほてり、逆に体の冷え等があります。体のだるさが続いて寝込んだりすることもあります。気温に関係なく汗がだらだらと出たり、大量にどっと出ることもあります。イライラや憂うつになる、集中力が低下するといった精神的な症状が出ることもあります。記憶力の低下や頭痛やめまい、不眠などの症状もあります。また、骨粗しょう症、高血圧、尿漏れ、頻尿になることもあります。これは、エストロゲン等の女性ホルモンの分泌量が減少することが原因で起こる症状です。しかし、自己判断で更年期障害と決めつけてしまうと他の病気を見逃す恐れもありますから症状を感じたら病院で診察を受けるようにしましょう。

更年期特有の症状

女性

更年期障害は中高年の女性に多くみられる症状だと思われていますが、ダイエットやストレスなどによって若くても症状が発症してしまう場合があります。ストレスが更に症状を重くさせることがありますので注意しましょう。

Read More

冷えは万病のもと

医者

閉経の前後5年ずつの10年を更年期と呼びますが、体を温め「冷え」を追い払うことで、様ざまなトラブルを遠ざけます。漢方では(気、血、水)3つが、滞りなく体を巡っている状態を健康ととらえます。体を温めることで、巡りがよくしてバランスを整え、更年期障害をはねのけるだけの体力を温存できるようになります。

Read More